食品検査

検査のご依頼はこちら >

異物検査のご案内

食品の異物混入は消費者に危害があるだけではなく、企業イメージの低下、製品回収など経済的損失も計り知れません。もし異物が発見された場合はまず異物が何であるかを特定し、混入した原因を調べる必要があります。異物同定検査は異物の種類によっていくつかの適切な確認方法を選択しその結果に基づき総合的に判断します。

異物の主な確認方法
生物顕微鏡観察 植物組織、カビ
金属顕微鏡観察 合成樹脂、金属
実体顕微鏡観察
赤外吸収スペクトル法 合成樹脂、植物性物質
元素分析(エックス線分析装置) 金属類
培養試験 カビ、酵母、細菌

異物検査の一例

器具及び容器包装・おもちゃ

ページの先頭へ