一般財団法人千葉県薬剤師会検査センター
検査のご案内
お問い合わせ先一覧
各種リーフレット
環境衛生の知識
信頼性の保証
検査のご案内
ISOの取り組み

水道法第20条3項検査機関
簡易専用水道検査機関
計量証明事業登録機関
作業環境測定登録機関
食品衛生法に基づく登録検査機関
医薬品医療機器等法に基づく登録検査機関(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)

業務紹介

飲料水検査等

 

プール水の検査

プール水は水質検査が求められます

プール水の検査

遊泳用や学校のプールでは、遊泳者が快適かつ衛生的に利用できるように水質基準が定められており、管理者はその維持を義務付けられています。

プール水は細菌類の増殖を抑制するために消毒剤(塩素)を用いることから、消毒副生成物(総トリハロメタン)も検査の対象となっています。


当センターは水道法第20条3項の規定に基づく水質検査機関です。
登録番号 : 厚生労働大臣 第16号

プール水5項目検査税抜3000円プール水6項目検査税抜10000円

【オプション】

  • 遊離残留塩素
  • 循環ろ過装置の出口水 濁度 (総トリハロメタン実施の場合にはサービスになります)

分析項目と基準値

以下の表は一般的なプール水管理基準を示しています。
詳細については保健所・所轄の指導機関にご確認下さい。

学校水泳プール水質基準
項目 基準 頻度 5項目 6項目
濁度 2度以下 使用日の積算が30日以内ごとに1回
pH 5.8以上8.6以下
過マンガン酸カリウム消費量 12mg/L以下
大腸菌 検出されないこと
一般細菌 200 コロニー/mL以下
総トリハロメタン 0.2mg/L以下であることが望ましい 使用期間中の適切な時期に1回以上  
循環ろ過装置の出口処理水 0.5度以下(0.1度以下が望ましい) 毎学年1回定期   (○)
遊離残留塩素 0.4mg/L以上1.0mg/L以下が望ましい 使用前及び使用中1時間ごとに1回以上    

通達文書等 : 平成21年3月31日文部科学省告示第60号「学校環境衛生基準」
備考 : 検査項目として他に施設・設備の衛生状態が定められています。

遊泳プール水質基準
項目 基準 頻度 5項目 6項目
濁度 2度以下 毎月1回以上
pH 5.8以上8.6以下 毎月1回以上
過マンガン酸カリウム消費量 12mg/L以下 毎月1回以上
大腸菌 検出されないこと 毎月1回以上
一般細菌 200 コロニー/mL以下 毎月1回以上
総トリハロメタン おおむね0.2mg/L以下であることが望ましい
(暫定目標値)
毎月1回以上  
循環ろ過装置の出口処理水 0.5度以下(0.1度以下が望ましい) 毎学年1回定期   (○)
遊離残留塩素
(二酸化塩素使用の場合)
0.4mg/L以上(1.0mg/L以下が望ましい)
二酸化塩素 0.1mg/L以上0.4mg/L以下
亜塩素酸 1.2mg/L以下
毎日
午前中1回以上
午後2回以上
   

通達文書等 :
平成19年5月28日健発第0528003号厚生労働省健康局長「遊泳用プールの衛生基準について」
千葉県では「千葉県遊泳用プール行政指導指針(平成21年7月)による指導があります。
備考 : 検査項目として施設基準、維持管理基準が定められています。