食品検査

検査のご依頼はこちら >

微生物検査のご案内

食中毒対策は万全ですか?

食の安全性を確保するためには危害となる微生物の汚染状況を調べる必要があります。
その結果を踏まえて食品製造工程の衛生管理の見直しや汚染の少ない原料の仕入れなどの対策をとることにより食中毒の危害を低減することが可能となります。

代表的な検査項目

汚染指標菌 一般生菌数、大腸菌群
食中毒細菌 黄色ブドウ球菌、サルモネラ属菌、セレウス菌、腸炎ビブリオ、大腸菌O-157

目的別検査

消費期限設定のための微生物検査
苦情食品の原因微生物の特定

目的別検査

ページの先頭へ